FC2ブログ
Fellatio Destination
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
展覧会レポ「戦艦ポチョムキン発、ベーコン経由、デヴィット・リンチに至る航海」
私は美術館や展覧会によく行く。などと言うと高尚な趣味を気取っているみたいで誤解を与えかねないが、私は決して絵画や芸術に関する教養があるわけではない。なんなら、所謂「お芸術」としてのかしこまった権威主義的な芸術への傾倒などFUCKだと思っている。金持ちの金持ちによる金持ちのための芸術なら、芸術の存在など全くの無意味だ。少なくとも私は「持たざる者」が生み出した「何か」が、時代や場所を超え、誰かの心を震わせることに芸術的価値があると考えている。だったら、芸術など敷居は低くて良いし、我々ももっと気軽に芸術に触れるべきであり、触れて良いはずだ。

前置きが少々長くなったが、本題は先日名古屋で観たフランシス・ベーコン展が素晴らしかったということだ。
フランシス・ベーコン。名前は知っていたが、実際にどんな絵を描く人なのか、どれくらい有名な人なのかなど、全く知識はなかったが、唯一の動機となったのは、以前何かの本でデヴィット・リンチが影響を受けた画家として彼の名を公言していたのを憶えていたからだ。
デヴィット・リンチのあの異様なヴィジュアルイメージに少なからず影響を与えている画家の絵を生で見られるとなると、リンチ本人の絵画展よりも数十倍興味をそそられる。
ちなみに、フランシス・ベーコンという人の概要を私が得てきた情報のみで簡単に説明しておく。間違いなく浅い知識なので、既に知ってる人は飛ばして頂きたい。

フランシス・ベーコン(1909-1992) アイルランド人
image_20130713103049.jpg

20代の頃にロンドンでインテリアデザイナーを生業とする傍、油絵も描き個展などもやっていたようだが、その頃の作品は本人的に納得のいくものではなかったらしく、自身で破棄し、自分の作品として認めているのは30代中頃からのもの。人体の一部や動きをデフォルメして極端に歪めて描くことで、人間が内包する不安や叫びを具象化した作品が多い。画家として評価されてからは華々しい社交場で人脈を築く傍ら、一方では刺激を求め場末の酒場などでキワドイ人たちとも交流を深める。同性愛者であり、60歳過ぎまで破滅的な恋を幾度となく繰り返していたが、最愛の恋人を自殺で失ってからは、作品のタッチも静かに変容していくのが興味深いので、これは実際に足を運んで作品を見比べて頂きたい。

そんなベーコンの作品は奇怪で強烈なインパクトと独創性があるのは確かだが、そのディティールの全てが彼自身の頭の中から湧き出たものではないというところが実に興味深い。彼のアトリエには常に膨大な量の写真や切り抜きがあり、それらひとつひとつには一切の関連性がなく、身体動作の連続写真、マリリン・モンローのポージングの切り抜き、ヒトラーの顔面写真など、時代や出典も問わず彼が気になったものをとにかく片っ端から集めていたようだ。
彼がモチーフとしているのは写真だけではない。前時代の芸術作品である彫刻や絵画をモチーフにしている作品も多く、特に興味深いのはベラスケスの「教皇の肖像」にオマージュを捧げ、ベーコン的に表現した作品のシリーズや、ゴッホの「放浪する画家」という絵にオマージュを捧げ、元ネタは単体の絵なのにも関わらず、そこからイメージを膨らませ、勝手に連作にしている。また、彼の描く全ての作品に通底しているテーマである「叫び」のイメージは古典映画「戦艦ポチョムキン」の銃で額を撃ち抜かれて叫ぶ老女にインスパイアされているという。

ベラスケスの教皇の絵
image_20130713103957.jpg

これが、ベーコンの手にかかると、、

image_20130713103059.jpg


過去の名画や映画、写真、彫刻に至るまで、膨大な元ネタをバラし、並列に並べ、独自の表現に置き換えるという作業は、言わば「脱構築」であり、絵画という表現における「サンプリング」である。もちろん絵画において過去の作品へのオマージュという手法はそう珍しくなく、むしろ伝統とも言えるが、これだけ他ジャンルのものを無節操に組み合わせ、しかも全く新しい「何か」に変えてしまうのはベーコン以外にそうはいないのではないか。彼が絵画の文脈においてどういう位置づけにおかれ、どんな評価をされているのか詳しくは知らないが、そんなことよりも私は自分の文脈の中で彼を位置づけ、何か言い表すのであれば、フランシス・ベーコンは限りなくHIP HOP的な絵画を描く人であると表現したい。そこに最大の魅力を感じた。
さらに魅力を感じるのは、前時代の古典映画からサンプリングしたテーマを帯びた絵画のイメージをデヴィット・リンチら次世代の才能がさらにサンプリングし、新たな表現を創造して、今現在の私たちの心を震わせ続けているということ。これは浪漫だ。

真っ当に生きておられる他人からすると、全く意味のない無価値とも思われるような知の海の航海も、時折こうした浪漫に出会えるから面白いし、帰れない。この海は広すぎる。正規の航路より、いかに己の航路を見つけ出しサバイブしていくかそんなことを考えさせられた展覧会なのでした。

image_20130713103101.jpg

フランシス・ベーコン展
2013年3月8日(金)~5月26日(日) 東京国立近代美術館
2013年6月8日(土)~9月1日(日) 豊田市美術館
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
オマエは数秒後に死ぬ!
「葉隠」を読んだことがあるだろうか?
読んだことが無い人でも「武士道とは死ぬことと見つけたり」の一文は知っているだろう。
この文言はとかく死を賛美していると勘違いされがちだが、それは間違った解釈だ。
本来の意味は、死をしっかりと意識して今を一生懸命生きなさいといったものなのだ。
かっこ悪い死に方をしないためにどう生きれば良いかを考えさせられる書である。
また「葉隠」には「恋ひ死なむ後の煙にそれと知れ終にもらさぬ中の思ひは」といった一文もある。
これは自分の恋心を絶対に相手に悟られてはならず、自分が死んで煙になったときにその相手がどんな反応をしているかで、生前にどう思われていたかを知りなさいといった究極の童貞道のススメ。
たとえ誰かに「好きです」と告白されても「あ、あのぉちょっとぉそういうのぉ苦手なんでぇへへへ」と立ち去るべきだと説いているだ。
なんだコレ!ゴミみたいなことほざいてんじゃねえ!女とやりまくるぜ!と思っている人は危ない。
ろくな死に方をしない。
本当にろくな死に方をしない。
今回は男の死ぬ直前の表情でグッド死かバッド死かを判定しよう。
なにそれ意味わかんない、という人はゲーセンでコインゲームでもしていればいい。

「How many いい顔」Good死編
まずはいい顔で死んでいく人たちを紹介しよう。
特徴としては納得して死んでいく。だから去り際になんとも深みのあるええ顔しよる。
あ、今回は死ぬ前のアレなんでいわゆるネタバレばっかです。
一発目はキム・ギドク監督「弓」からこの顔。
とにかく女性からすこぶる嫌われているキム・ギドクの老人と少女の狂った純愛映画だが、ラストで老人が天に矢を放ち魂を空に帰し、肉体を海に投げるシーンが素晴らしい。
念願の少女との結婚を達成したので、少女を自由にしてあげ陸からきた青年に託すための美しい自殺かと思いきや、実際はそうではなく永遠に少女を縛る為の儀式だったことがすぐに判明するからさらにかっこいい。
この方法さえ知っていれば死ぬのなんか怖くない。むしろ早く死にたい!!と思ったが、女性からすれば最悪。
いつも通りキム・ギドク映画らしく、よくわからないカラフルな紐が風にたなびき、セリフは少なく、主人公は登場した瞬間から終始狂っている。
「コースト・ガード」のチャン・ドンゴンも「弓」の老人もピュアな眼の持ち主。
でも一目見てわかる。この人は狂っていると。
けっこうな年齢なのにすごいピュアな目をしている人をたまに見かけるが、だいたい変な人が多い気がする。
そんな変な人が軍隊にいたり、船上で少女を飼っていればおかしくなるのも当然。
しかも映画では狂っている人に都合よく女性が立ちまわる。
このキム・ギドクのブレない女性観が女性からすれば本当に嫌なんだろうな。
女にモテなくてもあきらめることはない。この方法があると教えてくれる一本。

image1.jpg
天に弓を射つ。そしてこのあとは…
image2.jpg
海にぴょーん!

次はサイモン・ウェスト監督のリメイク版「メカニック」
女がほとんど出てこないホモソーシャル感満載ジェイソン・ステイサム主演のアクション映画。
ただでさえ危険な殺し屋家業をしているのに、殺した相手の息子を弟子にする綱渡り人生なのだが、
そこはジェイソン・ステイサムだから大丈夫。弟子の成長を喜ぶ余裕すらある。
ま、結局はジェイソン・ステイサムが父親を殺した張本人だと知った弟子の復讐を食らうが、当然のようにスマートに殺し返す。
その弟子の死ぬ直前の顔が素晴らしい。
一時は心を交わし合った師弟だからこその微笑みを最後に爆死する。
「やっぱり師匠にはかなわねぇや」といった満足した顔なのだ。
一緒に暮らしていたし、師匠と弟子の関係以上になっていたからこその安心した顔だったのかもしれない。
「コンエアー」や「エクスペンダブルズ2」など女性が入る隙のないバカみたいな映画ばかり監督している印象の強いサイモン・ウェストだが、本当は男同士の魂の繋がり描こうとしている志の高い人物と考えているのは僕だけではないだろう。
image13.jpg
このあと大爆発!

このように笑顔でこの世におさらばできる死もあれば、次に紹介する最後に落ち込んで死ぬ「ガッカリ死」というのも存在する。

「飛んで火に入る夏の令嬢」Bad死編
ガッカリ死とは死の間際に「うわぁ…ないわぁコレ」と落胆した顔で逝ってしまう、可哀そうな死に方だ。
でもほとんどは悪人かヤリチンが迎える死に方なので安心してほしい。

このガッカリ死の有名な例はリュック・ベッソン監督「レオン」
に登場する極悪麻薬取締捜査官のゲイリー・オールドマンの最後の顔であろう。
手に握った手榴弾のピンを見つめがら小さく「クソ…」とつぶやくあの顔!そして大爆発!
このシーンがあるだけで嫌いな映画である「レオン」もなんとなく楽しく見ることが出来るってものだ。
「レオン」はおかしな映画だ。陰性童貞映画だ。
ナタポー演じるマチルダは意地の悪い女の子だし、レオンはあきらかにコミュニケーション能力に難があり、
牛乳ばかり飲む自閉傾向のある人物だ。マチルダは押し掛け女房となりレオンをおろおろと困惑させるのだが、
いい大人が(しかも孤高の殺し屋が)ガキ一人追い出せないとはなにごとか。
しかもママゴトのようなプラトニックラブを始めるから始末におえない。
とくにディレクターズカット版である完全版はもう気持ちが悪くなる。レオンとマチルダが物真似大会をやるところなんて見ていられないほど。
そんな映画でもゲイリー・オールドマンの1シーンで救われる。
ブラッド・ピットも「ファイトクラブ」のコメンタリーでゲイリー・オールドマンの死に方は最高!と絶賛しているくらいなので、やはりこの顔は誰が見ても「ざまぁぁ!」と爽快な気分になれるのだろう。
image5.jpg
調子にのってた自分を恥ずかしむようないい顔

ま、調子にのってる奴はろくな死に方をしないということですよ。
さらにもう一本。
レクシー・アレクサンダー監督の「パニッシャー・ウォーゾーン」
御大層な名前のこの監督は「フーリガン」とその続編、それと「パニッシャー・ウォーゾーン」しかまともに撮っていない筋金入りの暴力人間。かと思いきや美しい女性なんですよね。
060510132051.jpg
本当のパニッシャーを撮ったのはなんとこの人だ!

「パニッシャー・ウォーゾーン」は良い映画だ。個人的2009年のベスト1映画になったくらいだから相当好きだ。ようやく出たパニッシャーらしい強烈に血の臭を発する映画なのだが、ただグロいだけでなくその殺人の描写のタイミングが絶妙で実に清々しく鑑賞後はソープに行ったあとのような気分になれる。
内容は極めてシンプル。パニッシャーが悪人を殺す。これだけ。
でもね、それでいいんですよ。映画なんて。
100回泣く必要なんてビタ一文ないんです。あんなものはクソです。
パニッシャーに出会うだけで相当ガッカリ。その後は死に備えるしかないから。
そんな奴らの最後の表情は本当に元気をくれる。「ザ•レイド」や「ジャッジドレッド」に先駆けた団地映画であり、
悪人はこうなるぞと教えてくれるいい教科書映画ですよ!
image6.jpg
ジャンキーのこいつ相当びびってますね、このあと…
    ↓
image8.jpg
パンチ一発で顔面を殴り砕かれて死ぬ
image9.jpg
この人の足元に手榴弾があるのであきらめてます
10.jpg
隠れていたデブも…
    ↓
image11.jpg
バーン!!

悪人にはガッカリ死がよく似合う。
80年代アクション映画のように殺人をユーモアにしている素晴らしい映画が「パニッシャー・ウォーゾーン」なので、未見の人はツタヤへ走れ!

最後はツイ・ハーク監督「ミッドナイトエンジェル ~暴力の掟~」だ。
よく処女作にはその監督の全てがつまっているというが、実質的にツイ・ハークの処女作である「ミッドナイトエンジェル」を観る限りツイ・ハークにつまっているものは暴力だけなんじゃないかと疑ってしまう。
そもそもこの映画は子供の頃に父と一緒に観て二人ともその内容に茫然としたトラウマ映画というやつである。
タイトルを忘れてしまっていたので、ずーっと探していた映画でもある。
いまDVDが手元にあるのはツイッターでこの映画のタイトルを教えてくれたcombatzandigさんのおかげ。
本当にありがとうございました。
ま~ひどい映画で登場人物のほとんどが死ぬ。動物を虐待するシーンもある。
少しのいたずらが不条理なほどとんでもない事態を招くところが、妙に現実と似ているところでもあり恐怖を覚える映画。ズッコケ三人組の構成が全員ハカセという本当にズッコケるような高校生?三人組が主人公である「ミッドナイトエンジェル」は、ラストまで暴力がエスカレートしていき終点の死に到着する過程を丁寧な描写と大胆な展開でみせる傑作だ。絶対にこんな風には死にたくないと思わせるトラウマ映画なので、中学生のお子さんなどに見せれば万引きや自転車泥棒など軽犯罪を抑止できること間違いなしです。
もう最後はベトナム帰還兵にミンチにされますから。
image12.jpg
逃げた溝で見つかる。ヘラヘラするしかない
(フランス版DVDではこれがジャケ写)

今回掲載した死の間際を迎えた人たちは程度の差はあれど全員悪人。あ、アレクサンダーさん以外ね。
同じ悪人でもグッド死もあればバッド死もある。
グッド死のためには「葉隠」に書かれているように、常に死を意識し女に興味がないふりをするべきなのか。
いや、意味わからん。
ゲーセン行ってコインゲームしよ。


ANAL CUNT 「You're gonna need someone on your side 」

ANAL CUNTである。

これはハードコア、パンクバンドらによるTHE SMITHSトリビュート盤収録の1曲。
だがこの曲はモリッシーがソロでやってるやつのカバー。
大多数のTHE SMITHS~モリッシーのファンからすると
只の悪ふざけ、冒涜だと感じるかもしれないが……


本人歌唱のものと聴き比べてみてもどうだろうか?

原曲が持つ孤独感、切羽詰まった感じを別の角度から上手く捉えていると思いませんか?
ただ単にそういう企画の話しが来たので適当にカバーした、という風には全く聴こえない。
この 「You're gonna need someone on your side 」という曲の
You とは誰かに「俺という味方がついているから安心しな」と
エールを送っているということではなく、
辛く苦しい状況に置かれた人が、頼れる人も無く
歌詞にあるような言葉で独り自らを励ましている。
という You ではないだろうか。
原曲のどこか独り言のような感じが
殺伐とした演奏とボーカルによって
所謂ところの「でも、やるんだよ!」という己に対する絶叫となっている名カバーだと思う。

モリッシーとセス、皮肉屋で繊細である点では両者に近いものを感じる。
もちろん、二人とも会った事などないので、それぞれの作品などから受けた勝手な印象だが。
怪盗ポルチオ・ポルチーニ
portio
ホストクラブで巻き起こるオトコとオトコの恋愛模様を追う
劇場鑑賞レポ「バレット」
我らが美しい国「ニッポン」が、アベノミクスにより景気回復の兆しをみせはじめているかどうかは、今期ボーナスが大幅にカットされた私のような労働者には全くもって実感がない。しかし、そんな私でも自信を持って言えることがある。美しい筋肉スター「シルベスタ・スタローン」は、今間違いなくバブル期にあるということだ。「ランボー最後の戦場」「エクスペンダブルズ」以降のスタローンの快進撃は、それ自体好きかどうかは別としても、好事家の皆様なら周知の事実だろう。かくいう私も、エクスペンダブルズは1も2も大好きだ。しかし、バブルであるからこそ冷静であろうとする自分もいる。スタローンってだけで手放しに賞賛するムードさえある今だからこそ、次回作は冷静に観なくてはならない。なんなら、劇場はスルーしてレンタルになるまで待つくらいが、温度としては丁度良いのかもしれないな。と、エクスペンダブルズ2の特典ディスクを観ながら次回作について思いをめぐらせたその数ヵ月後に見た劇場のチラシにはこう書かれていた。「バレット 監督ウォルター・ヒル×主演シルベスタ・スタローン」
冷静でいられるはずがない。ウォルター・ヒルが10年振りにメガホンを取り、スタローンが主演をはるというなら、これは嫁を質に入れてでも問答無用で劇場に足を運ばなければならない。70年中盤より、「ウォーリアーズ」「48時間」「ストリート・オブ・ファイアー」など、あらゆる男の生き様を撮り続けてきた御大が、同時期に文字通り裸一貫で男の生き様を体現し、現状あらゆる世代から最も信頼され最も頼られる男を主演に映画を撮るのだ。エクスペンダブルズが参加自由の男祭りなら、こちらは参加強制のブートキャンプのようなものだ。

【あらすじ】
ニューオリンズの殺し屋、ジミー・ボノモ(通称:ボボ)は何者かに相棒を殺されてしまう。落とし前をつけるために、黒幕を追うボボは、同じ事件を追うワシントン警察の刑事テイラー・クォンと反発しあいながらも協力し、事件の真相に迫っていく。

はい、単純明快。これだけシンプルなストーリーであればこそ、いかに観客を飽きさせないか、どう持ち味を入れるのか、監督の手腕が問われる。まず、舞台が良い。ロスでは舞台としてやりつくされてるし、ボボの渋みを照らすには少々日差しが強すぎる。ニューヨークってのもなんか違う。21世紀のニューヨークは、セックス・アンド・ザ・シティーであり、女性的なイメージすらも与えかねないキャリアの中心地。シカゴってのも悪くないかもしれないが、シカゴはいつ覆面をかぶった強盗集団が黄色いスクールバスで突っ込んでくるとも限らない危険な街だ。ボボが生きるには常軌を逸しすぎている。となると、ニューオリンズがベスト。メタルでもパンクでもブルースでもない、ジャズとファンクの街こそボボが生きる街には最もふさわしい。制作に関してニューオリンズは免税があるとかないとかそんなことボボには関係ない。ニューオリンズ以外考えられない。
あらすじだけを見ると、シンプルなバディムービーであり、「48時間」のウォルター・ヒルからするとしごくストレートな設定にみえるが、ボボのバディとなるワシントン警察のテイラー刑事は韓国系アメリカ人であるというところにひねりが効いている。古き良き大人の街に生きるビンテージ感たっぷりのダーティーヒーローであるボボに対して、スマホとモバイル機器を駆使して清く正しい正義を貫く若き刑事テイラーは、アジア系を含めた有色人種が人口の大半を占めるアメリカにおける新しい(現代的な)アメリカ人の価値観の象徴として機能している。こうした各キャラクターが己の信念と生き方を誇示しぶつかり合うところにこそバレットの神髄がある。
己の信念とルールは絶対にブラさない殺し屋稼業。法による正義をまっとうしようとする若き刑事。金こそ全てであると豪語する不動産王。プロとしてのプライドを誇示する傭兵。良い奴も悪い奴もそれぞれにルールがあり、誰もその信念を曲げない。屈さない。そして死んでいく。だからカッコイイ。
エンドロールの暗闇の中、果たして自分にこれほどの確固たる信念とルールがあるだろうかと考えてしまう。ボボに銃口をつきつけられ問われている気分だ。生半可な返事をした時、あいつは容赦なく引き金を引くだろう。そうならないためにも、すべての男子はこの映画を観て、恥ずかしくない男の生き方を学ぶべきなのだ。
映画を観るということは人生の予行演習であり、「バレット」は通過儀礼的成長を遂げにくい現代における兵役義務である。兵役から無事に戻ってきたら、君はもう立派な大人の男だ。
T0016993q.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。