FC2ブログ
Fellatio Destination
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第二話 「ウェイクフィールド」 ナサニエル・ホーソーン
聖なる夜に、あなたは何が欲しいですか?
そんな質問をされても随分と困ってしまう僕ですが、読者諸兄はすんなりと答えられるでしょうか?
物質的に満たされた世の中とはいえ、手に入らないもの、入るとは思えないものは沢山あります。
その質問をする側にしても、現実的に可能なものを言ってもらえると、そう期待するでしょう。
それが恋人どうしならば、暗黙の了解というか、それまでの過程を経た何某か妥当なものを要求されることでしょう。
その関係には質問者側が期待をするなどもってのほかで、率直に言ってしまえば恐喝やゆすりの類になってくることもしばしばという状況にもなりえるのではないでしょうか。
僕の好きな話に最後の一葉で有名なO・ヘンリーの「賢者の贈り物」という寓話があります。
ことさら有名な話ではありますが、ここで簡略にその話を記してみたいと思います。
とある貧しい夫婦が聖なる夜に、お互いへのプレゼントを贈りたいと考えます。
しかし貧しい暮らし故にプレゼントを買う余裕などどこにもありません。
そこで妻は自分の自慢の髪をバッサリと切り落とし、お金に換えて夫の為に懐中時計に使う鎖を買ってあげました。
夫は妻の自慢の髪を美しくまとめる鼈甲の髪飾りを買う為に、大切に使っていた懐中時計を質入れしてしまいます。
そして聖なる夜を迎え、お互いに不要になったそのプレゼントの代わりに、お互いを思いやるという幸福を手に入れたのです。
現世にこんな滑稽な事をやってしまえば夫婦関係は破綻し、一家は離散。
夫は失業して乞食に身をやつし。妻は泡姫として糊口をしのがなければいけなくなるのは必定。
バカがバカをバカ呼ばわりする現世はまっこと恐ろしいものです。

閑話休題

この様に聖なる夜には大切な人に大切なものを贈る習わしが古来から存在するわけですが
今から紹介する「ウェイクフィールド」というお話。
簡単に言ってしまえば「愚者の贈り物」
クリスマスという時期を舞台にした話ではないですが、この男の思考や挑戦というものがいかに馬鹿げた行為であるかというのを読者諸兄に知っていただきたい為に、この題材として選んでみました。

ウェイクフィールドはいつもと変わらぬ調子で家を出て、そのまま妻や友人に気取られることなく、数十年、自宅の真向かいのアパートに住み、誰もが彼は死んでもう戻ってこないと、そんなことすら考えもせず忘れてしまった頃に、何食わぬ顔で妻の元に戻ってきたのです。

話の筋はこれだけ。
誰もが思いもしない、思いついたとして実行もしないことを成し遂げた男の話。
この話には何の意味もありません。
嫉妬や怒りや誘惑や冒険などという気の利いたスパイスは露程もなく。
ただ単純にウェイクフィールドの愚かな思い付きが、何の考慮もなく実行されたというお話。
当時文壇では相当な批判を受けていたホーソーンの問題作。
しかし、この奇怪な小品を僕は今前のめり気味に評価し、ウェイクフィールドの愚行を称賛したい。
あまりにも馬鹿げた思い付きが実行された背景には、日々を営んでいくことへの膿と他人への配慮が欠けた性格(こちらは小説内で言及されている)があったことは隠しようのない事実だと思います。
そしてその原因には自己陶酔、自己憐憫、極限にまで膨れ上がった自我に基づいたものであるのは間違いないと思うんです。
他者を遠くへ押しやって、確立された完全なる自我の世界。
たった一人の世界で成し遂げた。「愚者の贈り物」
そしてそれを無味乾燥に、たった一人の創造物である小説に落とし込んだホーソーン。
僕はそれは大きな偉業だと、これこそが発想の賜物だと思うのです。


しかし果たして、これを指して愚者と嗤えるほど我々は知恵者なのでしょうか。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。